Month: November 2020

クラムカジノ:レシピ

あの美しい「クラムカジノ」のオリジナルレシピは、ロードアイランド州(Rhode Island)のカジノで生まれました。そして今ではニューイングランドの定着したレシピの一つと考えられています。30分の仕込みと40分の調理時間を要します。これで6人分の量を提供することができます。カロリーは152calと多すぎず、脂肪6g前後、炭水化物17g前後、たんぱく質10g前後です。美味しい一皿になります。全国各地で様々なバリエーションがありますが、クラムカジノに欠かせないのはバター風味のパン粉とベーコンです。 手が込んでいるように見えますが、作るのはとても簡単です。そのうえ、事前に仕込みをしておけば、料理を出す直前にサッと火を通すだけでよいのです。このレシピは小さめのホンビノス貝(Littleneck clam、北米大西洋沿岸産のハマグリの一種)を想定していますので、たくさんの量を作る場合は、大きめのものを選ぶようにしてください。ホンビノス貝の代わりに、サイズを変えてmiddle collar、top neck 、あるいは小さなcherrystoneなども使用することができます。もう一つ大切なことは、殻のサイズは測ると5.72cmから6.35cmの大きさになります。 ここからは材料について説明していきます。 鮮度の良い大粒のlittleneck貝が18個必要になります。確実にとても新鮮なものを選ぶようにするのがベストです。古いものを選んでしまうと消化が悪くなり、食べた後の胃の調子が悪くなったりします。 3切れのセンターカットベーコン、大さじ2杯の無塩バター、大さじ3杯のスライスまたはさいの目に切った赤ピーマンが必要です。みじん切りまたはプレスで押しつぶしたニンニク3かけと味付けのされていないパン粉1/3カップを後で使います。そして1/8カップの粗挽き黒胡椒、大さじ2杯の削ったパルメザンチーズ、食塩と岩塩少々も必要になります。次に、みじん切りにした平葉パセリ大さじ2を加えて、最後に料理を出す時に、くし形にカットされた4切れのレモンが必要になります。 耐熱性ガラス容器は、オーブンで直火焼きをしたり、液体を注いだ際にガラスが爆発する恐れがあるため、その使用を推奨しません。 以上が、美しいクラムカジノ料理の調理方法でした。

Scroll to top